東京・板橋の土地家屋調査士・測量士事務所
土地家屋調査士
土地家屋調査士・測量士の中三川合同事務所
  お問い合わせはこちら
top
company
investigator
surveyor
access map
e-mail
土地家屋調査士・測量士の中三川事務所へようこそ!
中三川合同事務所
〒173-0004
東京都板橋区板橋
1-14-6 岩永ビル4F

TEL 03-3962-5462
FAX 03-3962-5458

office@
nakamigawa.net

MAP
JR板橋駅西口より徒歩30秒

土地家屋調査士の役割

・土地境界を公正な立場で確認し、土地境界確定図を作成します

・境界立会いや建築敷地に接する道路についての諸手続きのお手伝いをします

・土地の一部を売却する時や
、相続で土地を分割する時に土地の分筆登記を申請します

・建物新築時に、建物の表題登記を申請します

〜 表題登記とは 〜


不動産登記簿の”表題部”と呼ばれる
「現況を表示する欄」になされる登記をさします。

この欄には、土地の場合、所在・地番・地目・地積が
記載されます。
建物の場合には、所在・家屋番号・種類・構造・床面積
が記載されます。
こんな時にもお役にたちます
土地の払下げを受けたとき
道路や水路等の払下げを受け自分のものになったとき、譲渡証明書を添付して、
1ヶ月内に「表題登記」申請をします。
山林等を造成して宅地に変更したとき
山林や畑等であった所に家を建て宅地に変更したとき、つまり土地の用途を変更したときは、
1ヶ月内に「地目変更登記」の申請をします。
境界標がなくなって不明になったとき

このことは登記には直接関係がありませんが、境界標が亡失した場合、又は
はじめからない場合は、図面に基づいて復元するか、人証・物証・書証等により調査し、
隣接者の立会いを求めて設置します。

建物を新築したとき
建物を新築したとき、又は未登記の建売住宅を買ったときには、
1か月内に「表題登記」の申請をします。
建物をリフォームしたとき
スレート屋根を瓦ぶきとしたり、木造部分の一部を鉄骨に取り替えたり、
居宅を事務所に変更したような場合には、1か月内に「表題変更登記」の申請をします。

土地家屋調査士の仕事 TOPへ
COPY RIGHT 2005(C) NAKAMIGAWA-OFFICE CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED. (powered by WebWorx,inc.)